どのように正しいローリングカメラバッグを選んだら良いでしょうか?

Guide to rolling camera cases

ローリングカメラバッグを使うことは、ローラーがついた移動式のフォトスタジオを持ち歩くようなものです。背負ったり肩にかけたりした時のように重量で苦しむことなく、楽に、安全に全ての高価な機材をスムースに移動させることが出来ます。
ローリングカメラバッグを選ぶ際に留意すべきいくつかの点をお伝えしましょう。

飛行機での移動ですか?

機内上部の収納にしっかり収まるサイズを選びましょう。

手荷物として許容しているサイズは航空会社によって異なるので、手荷物を収納するバッグに機材を収納する前にあなたが利用する航空会社に必ずサイズの確認を行って下さい。飛行機で持ち運ぶ際、荷物の重さも重要になります。各航空会社により規定している荷重のリミットは違いますが、18から40ポンドまたは8.16kgから18.14kgという重さが一般的規定です。プロローラーX100AWのようなカメラローリングバッグを使うことでカメラ機材の運搬時の荷重問題をすみやかに解決するよう心がけましょう。

手荷物扱い出来ないとチェックインカウンターでいわれたら?

あなたが搭乗するフライトにローラーがついたバッグは機内持ち込み出来ないという理由で、荷物を無理矢理チェックインさせられることがないようにしましょう。

たとえあなたの機材が手荷物として重さ制限を超えていなかったとしても、搭乗する飛行機が満席であった場合などローリングバッグを手荷物として受け付けられないとチェックインカウンターで告げられることがあります。
このような場合非常に役立つのが、内蔵された取り外し可能式バックパックに必要機材だけを抜き出し詰められるシステムのついたローリングバッグであることはお分かりいただけると思います。プロローラーXシリーズAWのような取り外し可能内蔵バッグを備えたローリングバッグを持つことがあなたに保証してくれる安心感は計り知れないものとなります。

追加のセキュリティーを必要としますか?

セキュリティーロックはあらゆる環境下で、旅行中の安心を与えてくれます。

人で溢れた空港内、またはあなたのローリングバッグを置いたままでの撮影などでは、スリ等の盗難事故に遭う可能性が非常に高いシチュエーションとなります。プロローラーX100AWはビルドイン式ロックシステム搭載なので、あなたの機材を盗難からしっかりと守ります。これらのバッグに登載しているロックシステムはTravel Sentry?式ロックとして特許を得た信頼の置けるシステムです。このシステムを登載したプロローラーX100AWは、撮影に集中するために必要となる防犯・機材の安全を確保します。

追加で携帯する荷物を増やせるスペースが必要ですか?

あなたの肩から重いカメラ機材の負担を減らし、最大の機材を運搬出来るキャパシティーを確保しましょう。

戸外撮影する時、機材を運搬する時の負荷を軽く出来るバッグを選ぶことは時として命の恩人にさえなりえます。プロローラーX300AWは大きなキャパシティーを備えているだけでなく、稼働性に優れており移動を楽に実現させてくれるローリングバッグです。バックパックを内蔵している大型ローラーならプロランナーX450AWがおすすめです。いくつかのローリングカメラバッグは三脚やその他撮影に必要となる機材が運べるので、まるでスタジオを持ち歩いているかのような快適さを提供します。

次のステップ:ローリングカメラバッグを選びましょう

自分が求めているサイズのローリングカメラバッグが見つけられない、どれを購入したら良いのか分からない、手持ちのカメラがどのバッグに収納出来るのか分からない等、バッグを探す際に困ったらバッグファインダーツール活用してみてください。 バッグファインダーツールは、あなたの求めるカメラバッグを探すお手伝いをいたします。